c0187782_10542242.jpg


前々から行ってみたかった、茅場町にある森岡書店さん。

そちらで北川健次さん
の展示が始まるとのことで、ワクワクしながら行ってきました。

川沿いにある静かなたたずまいの第二井上ビル。
扉や階段。窓。ドア。レリーフ。どれもこれも好みの古いビルです。

森岡書店さんの扉を開けると、明るい日差しの入る窓に白い壁。
空気の緊張感がたまらない、空間。

写真に撮りたかったなあ。

そして、古い洋書と共に北川健次さんの作品たちが並べられていました。
古い紙やモノクロの写真のコラージュは独特でどれもかっこいいのです。

北川さんの撮られた写真もどれも絵画のようです。

ご本人がいらっしゃって、気さくにお話をしてくださいました。
案の定私は、頭が真っ白になり何を話してよいのかわからず、
ただただ作品をみているおどおどした人になっていたのでは!?
もっと本を読んだり勉強しなくてはといつも思うのです。

北川健次展 『召喚―フレミングの仮説』
2012年 1月13日(金)ー28日(土)





第二井上ビルの4階にある、
フランスのアンティーク屋さんLE PONT CANAL で見つけたカードに一目ぼれしました。
c0187782_11251998.jpg

[PR]
by tk44room | 2012-01-14 11:33 | お気に入り | Comments(0)

c0187782_13185869.jpg

新年明けてもう一週間ですね。
早いなあ。

昨日は、毎年恒例になっている川越に行ってきました。

一通りの用事を済ませ、真っ先に向かったのが
うつわノートさん
ずっと行きたくていけなかったところです。
素敵な洋館風の古い建物。
玄関のドアや外から見える窓。

建物を見つけた途端、またしても興奮状態でした。

ギャラリーの中も落ち着いたおももち。
ホントにうっとり。
気持ちが焦っているのに、平静を装うのはこんなにも苦しいものとは思いませんでした。
一緒に行った家人も浮き足立っているのがわかります。
どこもかしこも好みです。

展示は常設のものでしたが、どれも素敵なうつわばかり。
一つ一つ丁寧に作っている様子がわかるよな器たち。
自分もそうありたいと、いつも刺激を受けるたびに決心をし
今年はその気持ちを長く保てますように。
c0187782_1319988.jpg
c0187782_13191773.jpg

またゆっくりと見てみたい。素敵なお店でした。


今年もよろしくお願いします。
[PR]
by tk44room | 2012-01-07 13:45 | お気に入り | Comments(0)

ガラスと日々の楽しみ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30