澄敬一さんの展示 the winter market 

c0187782_18425959.jpg

この箱は名刺入れらしいい。


久しぶりに晴れた日に、

澄 敬一さんの「the winter market」 を観にDEE'S HALLへ。





c0187782_18455370.jpg
c0187782_18455926.jpg
c0187782_1846665.jpg


澄さんの展示を観たのは、今回が初めてです。
ギャラリーに着いたとたんに気持ちがとても高鳴りましたよ。

なんだろう・・・古道具なのに古道具でもない。
新しいような、でも違うような。
なんて表現していいかわからない・・・。

一点一点に仕掛けがあったり。
びっくりするような音が出たり。
出そうで出なかったり。

ゼンマイやスイッチ。

照明というかランプ。

それぞれが少年心をくすぐるものばかり。

ドキドキとしっぱなしだったのです。

古い道具やアルミや金属たちを丁寧に加工し
新たなモノに作り変えているのです、とスタッフの方にお聞きして納得しました。
だから独特な雰囲気をはなっているのかあ。

一人、興奮冷めやらぬなかの帰り際に、
作家さんと少しお話が出来てとてもうれしい事。

それなのに私は緊張症の為、何を話したか覚えていないのがとても残念な上に。
写真撮影のお許しをいただいたのに、緊張のあまり、一角しか撮れなかったのです。
うーん。困った。


家に帰ってからも、何故だか気持ちが高ぶって、なかなか眠れなかった。
[PR]
by tk44room | 2010-03-05 19:31 | お気に入り

ガラスと日々の楽しみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30